先輩社員の声 薬剤師

入局1年目

私が小磯薬局を知ったきっかけは、担任教授からの紹介でした。

その当時、私は病院と調剤薬局のどちらに就職するか悩んでいました。

根底には薬学部で得た薬の知識を活かし、患者さんの力になりたいという目標がありましたが、病院に就職して病棟業務に従事したいと考える一方、調剤薬局に就職して患者さんの健康をサポートしたいという気持ちもあり、将来の道を決めかねていました。

そんなときに担任教授からの紹介で代表の篠木先生に出会いました。

そして小磯薬局の説明を受けるにつれ、在宅業務に積極的に取り組み、鑑査レンジのような薬剤師業務をサポートするシステム作りに力を入れるこの薬局なら、自分のやりたいと思ったことが出来ると感じて入局しました。

今は入局して間もなく、わからないことも多いですが、薬剤師の先輩方が親切に教えてくれるお陰で薬剤師として日々成長できていると実感しています。

薬学生は就職活動を通して、全国展開している大手調剤チェーンや病院を知る機会は多いと思います。

ですが就職の選択肢はそれだけではなく、小磯薬局のように規模は大きくなくとも地域に根ざしながらも新しいことに日々挑戦している薬局も選択肢の一つとしてあることを伝えたいです。 山口

入局2年目

大学5年生の実務実習で小磯薬局にお世話になりました。

実務実習を通して患者さんとのコミュニケーションの取り方や、在宅医療の大切さを学ばせてもらい、僕も小磯薬局で患者さんの役に立ちたいと思いました。

最初は大学で学んできたことだけでは分からないことが多く、戸惑いましたが、優しい先輩方に指導してもらい、少しずつ業務を学ぶことができています。

在宅医療にも力を入れていて、患者様宅に毎日訪問し、現場では「困った人の助けになっている」と実感でき、とてもやりがいがあります。

これからも患者さんを第一に考え、少しでも患者さんの不安や悩みを解消できるように頑張っていきたいと思います。

いろいろな科からの処方せんがきて、忙しく大変なこともありますが、とても勉強なる良い職場なのでいろんな薬を扱いたい人におすすめです。       藤倉

入局8年目

大学在学中に研究室の先輩から声をかけて頂いたことがきっかけとなり、見学させて頂き、アットホームな雰囲気やいろいろな科からの処方せんなどを取り扱うことができることなどに魅力を感じ、入社を決めました。小磯薬局では最新の調剤機器の導入なども常に視野に入れ、働く者や患者さんにとってよりよい環境を整えていけるような職場になっています。 

自分の考えなども伝えやすい職場です。  長谷川

入局17年目

昭和薬科大学大学院薬学修士課程の2年次に、当時大学の学生部部長の林木先生に卒業生の先輩がやっている調剤薬局があるので行ってみないかと誘われ、薬局見学に伺いました。製薬会社の研究職への就職を考えていましたが、職場の雰囲気も気に入り調剤薬局で働くのもいいかなと思い入社しました。

最初の薬剤師としての活動場所は、初めに東京都世田谷区にある系列の薬局わかばでした。府中市にある同じく系列の小山薬局の開局に尽力し、その後小磯薬局に異動して12年が経過しました。

その間に職場結婚して2人の子供がおります。

 

通常の薬局業務に加え、指導薬剤師として大学学生の薬局実務実習の受入や横須賀市薬剤師会での活動も兼任しております。在宅業務もあり毎日が忙しいですが、薬局薬剤師として17年経った今でも充実しております。

沢山の種類の薬を取り扱ってみたい人や在宅業務をしてみたいと思っている人に向いている薬局です。   佐久間